閉じる
  1. かに
  2. おせち
閉じる
閉じる
  1. ケール
  2. 日本一低い山
  3. かに
  4. おせち
  5. イグサ
  6. 手縫い針
  7. 富有柿
  8. 二条大麦
  9. びわ(枇杷)
  10. すいか(西瓜)
閉じる

日本一と自慢したくなるグルメ・名産の地域ニュース

生薬や染料として古代から珍重されてきたサフラン。大分では明治36年に栽培が始まり、国内の約8割以上が竹田市で生産されています。たった1gを得るのに、花100個、およそ300本の雌しべが必要になります。繊細な手摘み作業で収穫された竹田…

気候に恵まれた宮崎は、観光スポットはもとより、住宅地にも四季折々の花々があふれている花の国です。中でもその姿形が人気のスイートピーは全国の出荷量の約半分を占めています。デリケートな花であるため、扱いには苦労しますが、新しい花色の研究…

船乗り前田利右衛門が琉球から苗を持ち帰って約300年。人々の生命を守ってくれる作物として、またヘルシーな繊維質の食品として愛されてきたサツマイモ。現在では鮮度にもこだわって栽培され、「早掘り」や、12月に植付けて5月に収穫する「超早…

ほどよい酸味と、甘くみずみずしい果汁が口の中いっぱいに広がる沖縄産パインアップル。亜熱帯の気候と独特の土壌を生かして、サトウキビと並ぶ2大基幹作物として全国へ届けられています。暑さにも強い作物ですが、真夏には葉を結んでつくったトンガ…

シャリッとした歯ごたえ。ほとばしるジューシーさ。優美な高級果実、二十世紀梨は、鳥取県が長年収穫量日本一を続けています。その秘訣は、ただ、ただ、ていねいにつくるだけ。秋から冬の土づくり、枝一本、芽一つまで吟味した剪定、人工授粉、摘果、二度…

島根県、宍道湖。ここで獲れるヤマトシジミは粒が大きく身が肉厚で味がよく、全国一の漁獲量を誇ります。漁師さんが何より大切にしているのは、獲りすぎないこと。じょれんと呼ばれる長い熊手で、湖底を掻く伝統的な漁法。網目の大きさから一日の漁獲…

透き通るような白い肌。ふわっと漂う甘い香り。岡山を代表する果物、白桃は全国シェアでも一番です。あの白さの秘密は、独自の袋掛栽培にあります。ピンポン玉くらいの実に、一つひとつ手作業で袋をかけていく。直接日光を浴びない桃は、白く滑ら…

広島といえば、かき。かきといえば広島。およそ450年前から養殖されていたと言われる県の代表的な水産物は、生産量で全国シェアの約7割を占めています。筏式垂下法などの養殖法の進化に加え、島々に囲まれ、波がおだやかな、養分たっぷりの広島湾…

甘みがあり、上品な味わいの高級魚あまだいは、山口県が漁獲量日本一。対馬沖から浜田沖にかけての近海で獲るため、極めて新鮮で高い評価を得ています。塩焼きも西京焼きも美味ですが、何といっても、地元で食べるなら刺身に限ります。例えば漁師の…

徳島といえば、阿波踊りと、清々しい香りのすだち。その香気成分の豊富さは、レモンを遥かに凌ぎます。一日三食毎日のように使われ、何と全国の生産量の約98%が徳島です。小さくて玉数が多いだけに、夏の収穫作業は大変です。早朝から夕方まで…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る