閉じる
  1. かに
  2. おせち
閉じる
閉じる
  1. ケール
  2. 日本一低い山
  3. かに
  4. おせち
  5. イグサ
  6. 手縫い針
  7. 富有柿
  8. 二条大麦
  9. びわ(枇杷)
  10. すいか(西瓜)
閉じる

日本一と自慢したくなるグルメ・名産の地域ニュース

カテゴリー:関東地方の日本一

茨城のれんこんは、お正月や慶事に欠かすことのできない縁起もの。最近では、ビタミンCを豊富に含むヘルシー野菜としても注目されています。霞ヶ浦や土浦周辺の、低湿地、肥えた土壌、高い水温という栽培に適した自然条件が、あの歯ざわりのよさを育…

「女峰」「とちおとめ」などの新品種の開発や新技術の導入で、37年連続日本一の収穫量を誇る栃木県のいちご。そのおいしさの秘密は、栃木の冬期の豊富な日照時間にあります。冬の豊かな日差しを利用し、ハウス栽培で時間をかけて熟成させることで、…

縁起だるまとして全国シェアの約8割を占める高崎だるま。その起源は、遡ること今から200年ほど前。少林山達磨寺9代目住職、東嶽和尚が天明の飢饉の頃、農民たちに副業として張り子だるまをつくらせたのが始まりと言われています。上州の空っ…

「こいのぼりの町」として全国的に有名な加須市。明治の初め、提灯や傘の職人が副業に始めたのが、加須市におけるこいのぼりづくりの始まりと言われています。絢爛豪華な色彩で、繰り返し乾かしては描く手書きこいのぼり。加須の熟練の職人たちが…

たんぱく質をはじめ、ビタミンB2やEなどの栄養を豊富に含む「自然食の王様」、落花生。明治9年、日本で初めて栽培に成功し、今では千葉県が産出額で日本一を誇ります。おいしさの秘密は、「野積み」。畑に人の背丈ほどに落花生を積み上げて、自然…

昭和10年の開設以来、東京の食生活を支え続ける東京都中央卸売市場。全国から新鮮な水産物がやってくる築地・大田・足立の市場は卸売数量で44年連続日本一!徹底した品質管理、衛生的で公正な取引を目指した運営など、全国の規範にもなっています…

赤レンガ倉庫、中華街。異国情緒あふれる港町横浜は、世界中から客船がやってくる国際色豊かな風景もまた見もの。客船寄港数は3年連続で日本一です。2002年の大さん橋国際客船ターミナル・リニューアルオープンを期に、にぎわいは高まる一方。…

平安時代からぶどうの産地として知られる甲府盆地。明治初期には西欧文明の伝播とともにワイン醸造が各地で手がけられました。明治10年には旧勝沼町の有志が会社を設立、職人をフランスに派遣し、ノウハウを徹底的に修得させ、日本のワイン…

世界中で愛される長野県のギターは、出荷額・生産量ともに24年連続日本一。その秘密は、豊かな森林資源、木材の乾燥・貯木・加工に適した環境に加えて、長野伝統の木工技術にあります。製造が始まった当初は、家具職人からの転職がほとんどでした。…

「名水100選」に選ばれた清流と、鵜飼いをはじめとする文化伝統が生き続ける長良川。淡水魚の養殖や河川漁業も盛んで、稚あゆの放流量は全国一です。また、天然あゆの遡上も含めた漁獲量も全国トップクラスと言われています。釣りたてのあゆを…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る