閉じる
  1. かに
  2. おせち
閉じる
閉じる
  1. ケール
  2. 日本一低い山
  3. かに
  4. おせち
  5. イグサ
  6. 手縫い針
  7. 富有柿
  8. 二条大麦
  9. びわ(枇杷)
  10. すいか(西瓜)
閉じる

日本一と自慢したくなるグルメ・名産の地域ニュース

ケールは青汁に最も使われている原料の一つです。生産地は茨城県をはじめ島根県、福岡県、大分県、鹿児島県などがあります。また、青汁用のケールは別に栽培されており、記録に残っているのは青汁以外に使うケールですから、実際の収穫量はもっと多いとさ…

日本一高い山と言えば富士山ですが、では日本一低い山は?と聞かれれば意外と答えられない方もおおいのではないでしょうか?築山で日本一低い山築山(人工的に作られた山)で日本一低い山は宮城県仙台市宮城野区にある「日和山」です。1990年代は…

カニにはズワイガニ・ベイズワイガニ・ガザミ類など様々な種類がいますが、それら全ての漁獲量日本一は北海道です。2位が島根県、3位が兵庫県、4位が鳥取県、5位が新潟県となります。かにと言えば冬に食べることが多く、東北地方など寒い地域で獲れるイメ…

おせちで日本一売れているのは匠本舗のおせちだと言われています。匠本舗では毎年多くの有名料亭のおせちを販売し、今年は21万個近く販売されるそうです。料亭は18料亭全24種のおせちが用意されています。匠本舗のおせちのこだわりは「…

畳の原料で使われるイグサは熊本県が生産日本一。ちなみに収穫量、栽培面積、作付面積も熊本県が日本一で、主な産地は熊本県八代地方は国産畳表の8~9割のシェアを誇っています。イグサは単子葉植物イグサ科の植物で、標準和名は「イ」。短いですね(…

手芸などで使われる手縫い針は広島県は生産日本一。大きく分けて「和針」と「洋針(メリケン針)」の2種類があります。さらに、それぞれ太さや長さによっても種類が変わり、名前や数字も異なります。一般的には、数字が小さいほど太く、大きいほど細くな…

富秋から冬の代名詞、柿の王様と言われる富有柿。福岡産は、筑後川流域の肥沃な大地と山の清流に恵まれ、太陽の光がふり注ぐ南向きの山の斜面を利用した約533haの栽培で、富有柿日本一の生産量を誇ります。温暖で多い日照量、そして絶え間ない愛…

お酒は素材が命です。そして日本人の大好きなビール、焼酎、ウイスキーの主原料は麦。正しくは二条大麦と言われるこの麦、実は作付面積で、佐賀が日本一!生産時期は冬、佐賀とはいえ冷える晩秋11月下旬に種をまき、2月頃に麦踏みと土入れを繰…

初夏の甘い味わいをとどける長崎のびわ。その歴史は江戸時代まで遡ります。冬場も温暖な長崎海岸沿いの斜面は絶好の環境で、日本最大の産地となりました。びわづくりの大変さは、何と言っても果皮のデリケートさ。栽培時は一つひとつていねいに袋掛け…

指ではじくとコン!と音がしそうな熊本すいか。ここ肥後の国では古くから栽培が行われており、いまも収穫量は日本一。5月のピーク時には日本中の市場が熊本産でいっぱいになります。熊本を中心に国道3号上下線には「すいか」を積んだトラックが並び…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る